--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月28日 (月) | Edit |
ども~。こんにちは。
書くことが同じ過ぎてそろそろヴァイスの今日のカード更新が面倒になってきたとらわたでございます。

うん。なんかChaosの考査の方が面白い気がしてきたよwww

まぁ、Chaosの【ユニット】効果がわからないため、ユニット系は考査が全く出来ませんし、ヴァイスと違ってChaosの環境は流動的なので、一時離れてしまうとわからなくなってしまうんですよね^^;


全然触れてないから俺の中での現環境が反射エイラな俺はいったい・・・w



では、今回は刀語より「“鞘となる一族”凍空 こなゆき」 です。




手札から場に置かれた時、山札の上から1枚公開し、そのカードが<武器>を持つキャラじゃなかった場合、このカードは永続でフロントアタックが出来なくなります。



・・・うん・・・あれだ。

とことんデメリットを追求したカードだな!(キリッ

パワーはレベル3キャラ並に大きいとして、登場にはコスト2が必要だし、<武器>のキャラが出なければフロントアタックも出来ない・・・と・・。

まぁ、刀語のデッキであれば<武器>のカードが大半でしょうからそういう点ではフロントアタックが出来なくなるってのは少ないのでしょうが、レベル3のキャラには勝てない点とコストが2かかる点ではやはり刀語ネオスタンであってもいらない娘かな。



あと、これは作品のネタバレ的な話になってしまうのですが、こなゆきには仲間がいないため(あえて正確には言いません。)、こなゆき専用の応援キャラっていうのが思い浮かばないんですよね。

そういうのも考慮にいれると、やはり無限回収以外には見向きもされないカードになりそうな気がします。



あ、でも、このキャラがチェンジで出すことが出来るキャラなのだとしたら、“効果の手札から舞台~”も適応されませんし、コストもあまりかかりません。

もし、そうであれば結構使われるカードにはなると思います。





こんなところですかね。
この前の否定姫には“まさかのチェンジでした不意打ち”をされたので、今回はデメリット過ぎるキャラということからチェンジに関する考査も含めてみましたb




では、ここらへんで~。
ノシノシ
スポンサーサイト
テーマ:カードゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。