--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月26日 (木) | Edit |



こんばんは、Dr.Musc1eです。
現在、1時30分・・・うみねこのなく頃にが始まってしまいましたww
ってか、うみねこ 回を重ねるたびにグロくなってくなww

モザイクとかwwww

まあ、俺はニトロ+とかのグロぃやつ大好きだからぜんぜん大丈夫だが(ケラケラ

アニメ見ながらですが、なんとか紹介&考査しますb


東儀のしきたり「東儀 白」
[自動]メインフェイズに、メインプレイヤーの発動した効果でメインプレイヤーの手札の枚数が手札上限を超えた場合、そのプレイヤーの手札すべてを公開する。サブプレイヤーは公開された手札の中からキャラカード以外のカードを選び、メインプレイヤーの手札上限に等しくなるまで控え室に置いてもよい。
攻撃力 1
耐久力 1
攻撃力補正+3
耐久力補正+2

フィーナ・・・ じゃなくてw白です(笑)

このカードが紹介された時、真面目に間違いましたwww

攻撃力・耐久力は共に1 。
フレンドとしては、高校生このみなどで耐久力を上げないとすぐに焼かれてしまうサイズである。

攻撃力補正・耐久力補正は+3・+2 とパートナー補正値としては優秀。

レア度はU、手に入りやすい部類に入る。

効果は完全なるリアンノンの狩り手。

使用状況は主に相手ターン

使用タイミングが“メインフェイズに~”なので、メインフェイズでのドロー効果(例:押しかけ女房「リアンノン」)・メインフェイズでのレベルアップによる効果ドロー(例:許嫁「ルーシー・マリア・ミソラ」)・イベントカードでのドロー(例:メイドささら)などには対応して効果が発動することが出来る。

メインプレイヤーとは新しい用語だろうか?まあ、多分 ターンが回ってきた方(:攻撃するターンの方)がメインプレイヤーで ターンを終了した方(:防御するターンの方) がサブプレイヤーだろう。。
どうなのかは全くわからんが、とりあえず、こういう定義で考査を続ける事としよう・・・

使用タイミングはメインプレイヤーが使用した効果により、メインプレイヤーの手札上限を超えた場合(場合=瞬間)なので、 メインプレイヤーが天才プラグラマー「姫百合 珊瑚」などの手札上限効果を持ったカードを使っていない限り、手札上限を超えた数、、即ち8枚になった時点で相手の手札を公開させる事が出来る。

このあたりはメインプレイヤーに操作されてしまう可能性があるので注意しよう。


このカードのデメリットは

・控え室に置けるカードがイベントカードと限定されている事

・ドロソとなるカードが無い限り、このゲームは8枚以上となる事がなかなか無いという事

・攻撃力・耐久力が1・1とフレンドとしては貧弱な事

と、結構デメリットは目立ったりする。


逆にメリットは

・8枚以上になれば、魔眼「坂本 美緒」の効果を使用代償なしに使用することができる事。

・イベントといっても、うたたねや乱入!悠木姉妹!!などのいわゆる寝かすカード・寝かすカードメタのために手札を貯めてたのにもかかわらず、上記2枚を消す事でなかった事にしてしまうという事。

・場に出すための代償がないため、気軽に場に出す事が出来る事


こんなところだろう。



正直、私的思考では。
今現在の環境では、白の(カルラトウカ並の)強いエクストラが出ない限り、こちらのカードよりも、ドローメタの袁羽や、エセルの方が優先させられるカードと考える。



強いか弱いかは エクストラにどんな効果を持ったカードがくるか?というのに焦点が合わせられる。






まあ、なんつうか・・・


正直 今回のカードの考査は難しいんだ・・・
一歩間違えばおかしなカードになるからな(笑)





俺の予想だと、攻略キャラの一人だから~(以下略)



うm、どうみるかは皆に任せるwww




今回はここまで!!


書くのに1時間かかってしまったwww
スポンサーサイト
テーマ:カードゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。