--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月10日 (水) | Edit |
どもども、とらわたです~。

今回はファンタズマゴリアに関することを詳しく書いていこうと思います。
でも、他にももろもろ資料を写真で撮ってきましたので、もう一回ファンタ記事は続きます。 続いちゃいますw

さて、まず、体験会にて配られたチラシを。↓

まずこれがチラシの表面ですね。 この表面のイラストが体験会にてB5のポスター(恐らくB5サイズであっているはず)で貰うことになりました。

まぁ、持って帰ってくるにあたって折れたりしてごつごつになっちまいましたがwww

ついでに、ここからでもわかりますように、第一弾は

・オーガスト:『穢翼のユースティア』
・ケロQ:『素晴らしき日々~不連続存在~』
・ビジュアルアーツ:『リトルバスターズ!エクスタシー』
・みなとそふと:『真剣で私に恋しなさい!』
・ゆずソフト:『のーぶる☆わーくす』

の5作品になっております。

では、続いてルールについても軽く書いていきましょうかね。
後、詳しいルールは公式に載ってるので、わからないところとかあったらコメントでおねがいします。
俺がイベントで聞いてきたものに関しては答えられる質問があるかもしれませんので。

ということで、ルールの書かれたチラシ裏面へ↓




恐らく、見えないので、なんとかこの範囲で詳しく書いていきます。
まぁ、ここに書いてあるのが基本っちゃ基本みたいですのでねw


まず、デッキは60枚で同じヴァージョンの同じカード番号のカードは4枚まで。
これはlyceeやヴァイス・カオスと変わらないので、スルーでOKですね。


カードの種類はキャラ・バトル・アイテム・イベント・EXスキルの5種類のカードがあります。
特にバトルカードについては重要な意味をなすことになります。

勝利条件に関してはエースキャラと呼ばれる プレイヤーの嫁が倒される・相手のデッキの枚数が0になる・ダウン置き場におかれたダウンしたキャラ数が3枚になる(要するにエースキャラ以外のキャラが3人やられる) の3つになっています。



コスト支払についてはLyceeのようにEXやそれを代償とした登場コストというものがなく、手札1枚を破棄したり、場にいるキャラを行動済み状態にさせるといったようなコスト支払方法になります。
まぁ、その辺は図を見ながらの方がわかりやすいので、公式のルールブックでもみてくださいませ。


ゲームの流れもルールブック見てください。るーるぶっくを忘れちゃえとか言わないで見てください。

最後にバトルについて。
これは説明しといたほうがいいかな。

先ほどお話しましたバトルカードを行動済み状態のように横にすることでバトルを行うのですが、このバトルカード、 相手のも使えるとかいう非常に謎なものでしてw 

しかも、自ターン 相手ターン関係なくバトルカードは未使用状態にもどるっていうwww

いや、そこが戦略性を持つには面白くていいのですが、実際にバトルをした感想としましては、お互いにバトルカード1枚くらいしか使わないんじゃね?wとwww

相手に使われるってことは自分が多くバトルカード出すとフルボッコにされる可能性も多くなるわけで。
なかなか出しにくいのですよ。。


このバトルカードなのですが、攻撃と防御の時に比べるものが違いまして、左側に攻撃属性 右側に防御属性が記載され、自分が攻撃時には左の属性で攻撃、相手は右の属性で防御。相手ターンになるとこの関係が逆転。といったようになり、この属性の数値によってどれだけダメージを与えられるかが決まります。


では、例を挙げていこうと思います。上記のチラシ裏の右下に記載してあるところですね。


ここでは前提として自分のターンであり、攻撃していること・攻撃属性が敏・防御属性が穏とかかれたバトルカードが場にあるということ・以下の数値のキャラがいることを前提とします。(というか、チラシ裏に書かれている通りに書いていきます。)


<自分キャラ>
【カード名】国広 ひなた

【属性数値】
武:200
敏:400
知:100
器:300
穏:300


<相手キャラ>
【カード名】椎名 京

【属性数値】
武:300
敏:300
知:300
器:300
穏:200



<バトルカード>
【カード名】フライングディスク

攻撃属性:敏
防御属性:穏







この時、バトルカードの攻撃属性は敏で防御属性は穏なため、国広ひなたは400の攻撃力・300の防御力となります。また、椎名 京は300の攻撃力・200の防御力となります。

よって、
国広ひなたの攻撃力(400)- 椎名 京の防御力(200)=椎名 京に200のダメージ
国広ひなたの防御力(300)- 椎名 京の攻撃力(300)=国広 ひなたに0のダメージ

ということになります。

まぁ、こんな感じでお互いにダメージ与えていくわけですね。










んで、全体の感想。


すごく面白い。結構戦略性もあるし、シルブリ良く考えた!とか言ってもいいぐらいの出来だと俺は思ってる。
後、Lyceeのゲーム性も少し取り入れているところからLyceeらーにとっては結構わかりやすいゲームかな。





逆に悪い点挙げると

・各キャラクターの属性数値見るのが物凄く面倒くさい!

・体験会で30枚デッキ(実際の半分のデッキ)使ったのに勝負がまったく決まらず(:お互いほとんどダメージないんじゃね?ってぐらいw)に30分経つってどういうこと!?


に限るな。 とにかく属性数値なんか覚えられるわけないので、互いにカード見せ合いながらバトルするのは必須。 そんでもってそういうことやってると最終的にバトル時間30分以上は絶対にかかる・・・・。

つか、バトルカードが1枚しかだせねぇんじゃね?って状況の時点からゲーム進むわけない。



んー。面白いんだけどなぁ・・・。ちょっと残念な感じが^^;

まぁ、これぐらいなら俺はやりますけどね! 最低限の金額でやってこうと思いますけどね!!



ということで、もう書くの疲れたので今回はここまで!
またこれ関連について書いてほしかったらコメントでリクエストしていただければ書いていきますのでb


ではでは~ ノシノシ

スポンサーサイト
テーマ:カードゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
私は地方在住のため、8月7日の体験会に参加することが出来ませんでしたが、 参加さ
2011/08/11(Thu) 00:25:17 |  Phantaめも

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。